院長上原武晃
リウマチ膠原病の専門診療を行ってきたなかで、
悩みの多い慢性疾患患者さんの診療にはケアの力が重要だと感じ、
医師とメディカルスタッフがチームとなった質の高い専門ケアを特徴とした リウマチ膠原病のクリニックを縁ある湘南・茅ヶ崎で作り、
地域医療への貢献と社会への発信をすべく、
新たにクリニックを開業することとなりました。

  • プロフィール
    出身:
    神奈川県大和市

    学歴:
    平成11年 浅野高校 卒業
    平成18年 福島県立医科大学医学部 卒業
    平成28年 横浜市立大学大学院医学研究科博士課程 修了(医学博士) 

    主な職歴:
    横浜市立大学附属病院 リウマチ・血液・感染症内科 指導診療医
    横浜市立大学市民総合医療センター リウマチ膠原病センター 指導診療医
    茅ヶ崎市立病院 リウマチ膠原病内科 部長         
    湘南リウマチ膠原病内科 院長                                    

    所有資格、役職、所属学会など:
    日本リウマチ学会専門医、指導医、評議員、登録ソノグラファー
    日本内科学会認定内科医、指導医
    日本アレルギー学会専門医
    日本医師会認定産業医
    臨床研修指導医
    日本抗加齢医学会
    身体障碍者福祉法指定医
    難病指定医
    医学博士

    院長プロフィール:
    横浜市立大学附属病院、同附属市民総合医療センター、茅ヶ崎市立病院で1000例を超えるリウマチ膠原病専門診療の経験を通し、早期発見早期治療、そしてメディカルスタッフとチームになった専門ケアに注力した総合診療を行っている。 病気の診断や治療が遅れ、進行した状態で専門機関を受診し、つらい思いをするリウマチ膠原病患者を多く目の当たりにし、早期発見早期治療の重要性を痛感する。関節超音波などの専門技術を用いた診療で、多くのリウマチ膠原病疾患を早期に診断し、重症化する前に治療を開始することに成功。 また、短い診療時間の中で悩みの多い患者さんの解決に頭を悩ませるも、心理学的手法による話法やチームによるケアで、患者さんの求めに応える診療を実施。 診療や患者向け講演会を通して「診てもらえて本当に良かった」「話がわかりやすく、気持ちも楽になった、またやってもらいたい」「同じ思いをしている患者さんとも知り合えた」など多くの高評価を集めることに成功。 「早期診断早期治療で、機能障害や重症化をするリウマチ膠原病患者を1人でも多く減らしていく」 「悩みの多い慢性疾患の診療には適切な技術やケアの力が重要。医師とメディカルスタッフがチームとなった質の高い専門ケアを通して、リウマチ膠原病患者がおもいっきり社会参加できる世の中を作る」との信念で日々奔走中。

    趣味:
    テニス、スキー、ダイビング、旅行など

    湘南リウマチ膠原病内科
    院長    上原 武晃

医師上原真琴
今まで病院という場所でリウマチ膠原病の診療に携わってきました。専門性の高い治療を行う一方、その方をトータルで診療することの必要性も感じてきました。今までの経験を活かしながら、より患者さんを幸せにできる医療を目指して精進していきたいと思います。リウマチ膠原病をはじめとした慢性疾患の患者さんが、前向きに、自分らしく人生を生きられるように、多方面から治療、ケア、サポートできるクリニックを作る。それが私の目標です。そんな思いで、現在二つのクリニックに勤務しています。両クリニックで日々学びを深めながら、新しい知識や技術を適切に患者さんに提供していきたいと考えています。

  • プロフィール
    プロフィール:
    平成21年 日本大学医学部卒業
    横浜市立大学附属病院、横浜市立大学附属市民総合医療センターにて研修後、
    横浜市立大学附属市民総合医療センター リウマチ膠原病センター内科、
    茅ヶ崎市立病院 リウマチ膠原病内科勤務
    平成31年 「湘南リウマチ膠原病内科」および川崎市のリウマチ膠原病クリニック「光中
    央診療所」にて勤務
    <資格>
    日本リウマチ学会専門医
    日本内科学会認定内科医
    身体障害者福祉法指定医(肢体不自由)
    難病指定医
    日本医師会認定産業医
    <所属学会>
    日本リウマチ学会、日本内科学会、更年期と加齢のヘルスケア学会
    日本レーザー治療学会、日本レーザー医学会、日本アレルギー学会、
    日本選択理論心理学会

    担当曜日:
    毎週金曜日担当 

    関節リウマチを筆頭に多くの「痛み」診療を行ってきました。そのような経験から、体の様々な痛みを抱える方のお役に立てるのではないかと思います。
    リウマチ膠原病は慢性疾患であるがゆえに、同じ病気であっても、その方の治療に望むものが違えば治療法も違ってきます。患者さんお一人お一人が、どのような価値観を持っているのか、治療に望むものは何かを大切にしながら、診療にあたりたいと思います。
     痛みがあるけれども原因がわからずつらい思いをされている方に、ぜひ当クリニックを受診して頂きたいと思います。診察では言ってはいけないことや言わなければいけないことは何一つありません。どうぞお気軽にご相談ください。


  • スタッフ写真
    看護師
    梶田
    患者さんに親しみをもっていただけるように、明るく、寄り添えるように日々務めています。膠原病は慢性疾患であるため長く付き合っていくことが必要な病気です。日々医療が進歩していく中で一緒に病気と向き合っていければと思っています。また不安や疑問などお気軽にご相談ください。
  • スタッフ写真
    看護師
    鈴木
    膠原病などの慢性疾患は長く病気と向き合っていく中で、ストレスや不安を生じるかと思います。そのような思いを少しでも軽減できるような関わりを一人ひとり大事にしていきたいと思っています。
  • スタッフ写真
    臨床検査技師
    細木
    丁寧で質の高い検査を目指しています。皆さんに信頼される臨床検査技師になれるよう笑顔でがんばります。
  • スタッフ写真
    医療コンシェルジュ
    原山
    患者さんの不安が少しでも軽くなるように丁寧で温かい対応を心がけています。どんな些細な事でもお気軽にお声がけください。
  • スタッフ写真
    医療コンシェルジュ
    伊藤
    患者さん一人ひとりを思いやり、明るく笑顔で丁寧に接することで信頼のある関係を築いていけるよう心掛けています。患者さんが少しでも前向きな気持ちになれるよう努めたいと思います。何かあれば、何もなくても、気軽に声をかけて頂ければと思います。